宅建の資格を持っておくメリット|不動産業を目指すなら

幼稚園で働くために

男女

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許が必要で、これには3種類あります。短大・専門学校で取得できる二種免許状、大学で取得できる一種免許状、大学院で取得できる専修免許状の3種類です。それぞれの学校で文科省の定めた科目の単位をとり、卒業することができれば幼稚園教諭免許は取得することができます。

深く学んで目指すなら

子供と女性

しっかりと知識を深め給与面でも有利な形で保育士を目指すなら、4年制大学に通うことを考えてみましょう。4年制大学なら余裕をもって深く学習していくことができますし、就職時の給与も優遇してもらえることが多くなります。

人気の高い国家試験

家の模型

不動産の専門家になる

国家資格の中には持っていると就職・転職の際に有利だとして人気を集めているものがいくつか存在しますが、中でも受験者が多いのが宅建です。宅建は、正式名称を宅地建物取引士といいます。不動産取引の世界においては独占業務、すなわち宅建の資格を持っていないと行えない業務があることから、必須ともいえる資格となっています。また、宅建の有資格者が持つ不動産取引に関する専門知識は、金融機関や一般企業などにおいても役に立ちます。宅建の資格を取得するには、毎年1回実施される国家試験に合格する必要があります。試験は全部で50問、すべて四者択一による筆記試験です。受験者数が多いこともありますが、合格率は毎年15〜17%程度とかなりの難関となっています。学歴等による受験制限はありません。宅建は人気の高い資格であることから、勉強の手段もたくさんあります。専門学校の受験対策講座や通信講座は、全国各地で開講されています。雇用保険の被保険者及び求職者にあっては、一定の要件を満たせば最大で受講料の80%(上限20万円)を助成する制度もあるので、利用すると非常に便利です。また、独習者向けの参考書籍も多数出版されています。なお、現在すでに不動産取引の仕事に従事している人にあっては、業界団体が実施する登録講習を修了すれば、全50問の試験問題のうち5問が免除になるという制度があります。試験の合格ラインは正解率7割、すなわち35問程度と言われているので、この5問免除は非常に大きな割合を占めることとなります。

コンサルタントへの道

男の人

マネジメントの資格を持つとコンサルタントとして働くことができますが、コンサルタントの業務には企業運営に関わる様々な知識・分析力が必要です。スクールを使ってマネジメントの勉強をすることで、提携している企業での研修を受けられるなど実際の現場を見ながら資格取得を目指せます。