宅建の資格を持っておくメリット|不動産業を目指すなら

深く学んで目指すなら

子供と女性

4年制の利点

保育士の資格を取得するためには、大学、短大、専門学校などの教育機関で学ぶか、保育士試験を受けて合格する必要がります。厚生労働大臣認定の保育士養成教育機関で学べば卒業と同時に資格を取得できるため、学校で学びながら取得を目指す人が多いのが現状です。大学、短大、専門学校と、保育士を目指すための科目が用意されているところであれば、どの教育機関を選んでも卒業することで保育士資格は取得できます。ただ、時間をかけて知識を深め、実習もしっかりと行いたいと考えるなら4年制の大学で学ぶことがおすすめです。4年あれば余裕をもって学んでいけますし、将来の進路についてもじっくりと検討することができます。また、ほかの教育機関と比べて実習の時間が多く取れるというのも4年制大学の強みです。実際の現場で子供たちと触れ合うことは、学習した知識を実感を伴いながら深めていくためにも有効なことです。そして就職時の初任給を見ても、4年制大学卒業の方が高く設定されることが多く、給与面で優遇されるというのも大きな魅力です。保育士は子どもたちの成長を見守り手助けできる素晴らしい職業ですが、給与面で見ればそれほど高い水準ではありません。4年制大学卒を優遇してくれる施設であれば、ある程度の給与が見込めるため、4年制を選択するという人もいます。より深い知識の習得と給与面を重視して教育機関を選ぶなら、保育士養成課程を設けている4年制大学が適していると言えるでしょう。